廢人領域

介紹原創病嬌(ヤンデレ),內含限制級,未滿18歲者不得瀏覽(18歳未満閲覧禁止)。有劇透(ネタバレあり)。

【免費遊戲】 書いてある


50分ぐらいで手軽に遊べるホラーゲーム
死の呪いがあなたに襲いかかる


▼ストーリー▼

「山寺 都」
是過著普通生活的女生中學生
但「4日後殺掉」這樣的謎之文字
浮現在房間上為日的境遇
身邊的周圍
接連開始發生不可思議的現象

然後事件
便將周圍的人給捲進來進行

你可以溯尋到真實
從「死之詛咒」生還出來嗎?


▼キャラクター▼

這個物語的主人公                    都的母親
中學2年生 14歲                    37歲

性格很普通                       性格溫厚
成績與運動也普通                    總是吊兒郎當
                            女兒都方面
父親已過世                       認為不也有振作點的場面...
是與母兩人生活著的原因嗎
好像相當的「依賴母親」                 夫因病去世
                            現今是寡婦
自己的房間
不思議的文字浮現上                   有著對女兒也不能說
就開始與死之恐怖纏鬥                  秘密的結

被親友「富山 菜月」
每次都性騷擾著

與都上同所學校                     各種謎團包圍的外國人
中學2年生 14歲                    年齡 ??
山寺 都的親友
                            都的不思議事件開始發生時
眼見是奇麗的大姐                    就好像出沒在都的通學路上
學習也行
運動也得意                       說不定
性格也善良                       跟都的身上發生的事情
老家也有錢...                    有著什麼關係嗎?

如果這樣介紹的話
雖然感覺是毫無缺點的人物
但是並非如此

超常的
「山寺 都LOVE」
對都一直性騷擾

繁多謎團的少年                     另外 好像也有隨著故事進行
中學2年生 14歲                    而登場的人物

都的不思議事件開始發生時                他們的真面目是?
出現在都的夢裡的少年

隔天轉校進都的班級
給予都各種建議

但是他的言行舉止
盡是一些不可思議的事物...

他真的是自己人嗎?


▼システム▼


這次一樣有多個選擇肢與END
不過這次開始前多個選擇
方便玩家可以跳到任何一天再開
(不過我都是在選擇肢紀錄,所以根本沒用到…)


▼感想▼

這次劇情比起前作還來的好,也比前作來的恐怖
第一輪就跑到了真ENDwww
當提示出來的時候,我是猜定某人是兇手
到後半段我才猜出真正的兇手是誰(炸
而都的母親也還真是大膽wwwww
在看過真END之後,回到最終選擇肢的部份,我就覺得很爆笑www(被踹飛
另外,當時沒去多注意角色介紹部份
是我跑遊戲之後才發現後來登場的兩人是誰(炸死
跑過前作的人一看就會知道了w

跑到真END之後,除了可看其他作品的宣傳及預告
還有個『デザインスタジオ「土塊」の宣伝を見る』
裡面是土塊的代表─堀井大介對『繪』的理念

堀井大介提到繪是有著心的,而且是作為代替言語與紀錄的東西
以前的繪並不像現在一樣,並非是擁有美好的繪材與技術所畫出來的繪
可說是相當貧相。但隨著時代演進,人們的技術也上升
畫出來的繪也可媲美本尊了
加上那時候相機、數位相機等一些便利的道具誕生
現在的繪可以算是過份『貧相』了
就算如此,人們還是繼續描繪
世界上也有追求「手畫的繪」
這是為什麼呢?
那是繪的本質並不在於「技術」
而是在被畫入其中的「訊息」
人們感受「訊息」,進而共感而感動


看完之後,讓我有種從心底說不出來的佩服及感動
除了讓我產生共鳴之外,也大概知道公式取名為『土塊』的原因了
而在現今ACG界中,有許多人是只看圖畫美不美、帥不帥的
更有人依此來判定作品的價值(我自己也是有過…
希望那些人以後除了注意技術之外,也能注意到訊息


土塊
恐怖遊戲 | 留言:3 | 引用:0 |
<<【同人遊戲】 生と死の穴 | HOME | 【免費遊戲】 死の霊園>>

留言

ゲームを紹介していただき ありがとうございました

「書いてある」を制作した 堀井と申します。

海外の方にも プレイしていただけるとは
思っていませんでしたので 凄く驚きました。

繁体字は分からないので なんと紹介していただいているのか分からないのが残念ですがw

それでは これからもいろいろなゲームを
紹介して行って下さいね。
応援しております!
2009-06-02 Tue 11:16 | URL | 堀井 大介 [ 編集]
私はこのブログの管理者の逍遙子(Syouyouko)です。
記事を書かれたたっだ数日でスタジオの代表からのコメントをいただき、本当に嬉しいです。

同人ゲームと言えば、台湾のプレイヤーたちの中でも、人気があると言えるでしょう。
このブログにある記事は、主にゲームに関する感想の記録とゲームの紹介やお勧めを兼ねたものです。
紹介の方は、メインストーリーとキャラクターの紹介を中国語に翻訳します。
感想はネタバレがあるかもしれないが、読み手のゲーム時の感覚を影響しないように配慮しています。
自分の文章には余り自信がありません(日本語も下手だし)。
もし、その文章の紹介で、誰かにそのゲームに興味を持たせたら...いや、私の文章を見るだけで、光栄だと思います。

あなた方の作品はとても優れると思います。
演出はとても迫力的で、絵も素晴らしいです。
その上、あなた方の絵に対する思いに共鳴が感じています。

僕が生きている限り、色々な同人ゲームを紹介し続けて生きたいと思てぅいます。
応援をありがとうございました。

※友達に頼んで翻訳してもらいました。
2009-06-04 Thu 03:16 | URL | 逍遙子 [ 編集]
此留言只限管理員閲覽
2009-06-04 Thu 09:58 | | [ 編集]

發表留言















此留言為非公開

文章的引用

| HOME |